サイトマップ 交通案内 お問い合わせ メルマガ
情報誌 「コムズ」 啓発資料 啓発パネル「クイズde男女共同参画」の貸出 調査研究事業

調査研究事業

■ 中学生の男女共同参画に関する意識調査

【 ダウンロード 】
ダウンロードは下記からクリックしてください。
◇全体データ◇

はじめに
1.調査の目的と概要
2.調査の実施と調査対象者
3.調査の回答・内容・学年及び性別の調査結果について
4.調査結果
5.付表

【 調査の目的 】

平成30年度・令和元年度の市民意識調査は、「第3次松山市男女共同参画基本計画」主要課題の一つである「教育分野での男女共同参画」を取り上げた。男女共同参画社会を実現するためには、男女が共に自立して個性と能力を発揮し、社会形成に参画する必要があり、一人ひとりが男女平等についての意識や自立の意識を持つことが不可欠である。また、性別にかかわりなく、人権尊重を基礎にした男女平等観の形成を促すために、家庭、学校、地域など社会のあらゆる分野で男女平等を推進する教育・学習の充実を図ることが求められる。
教育現場における男女平等の推進に寄与することを目的として、中学生を対象とした男女共同参画社会に関する意識調査を行い、その結果を基に男女共同参画社会づくりに向けて事業の方向性を見出し、啓発を進めたいと考える。

【 調査対象者 】
母集団 松山市立中学校の在籍数
2年生 3,878名  3年生 4,122名
標本数 2学年240人程度 / 3学年 240人程度
実施時期 平成31年3月
調査方法 松山市立中学校(2・3年生) 8校 無作為抽出
質問数 16問
依 頼 松山市 教育委員会 学校教育課 / 松山市中学校校長会